津波地震(読み)つなみじしん(英語表記)tsunami earthquake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「津波地震」の解説

津波地震
つなみじしん
tsunami earthquake

地震規模マグニチュード)のに大きな津波を起こす特異な地震。1896年の明治三陸地震津波では,三陸海岸での震度は 1~3にすぎなかったものの,地震発生から約 30分後に 10~30mの津波が起こり,2万1000人以上の死者を出した。また 1975年の北海道東方沖の地震では,北海道東部の震度はわずか 1にすぎなかったが,津波は根室市花咲で 1.8m,色丹島で 5.5mに達した。海外では,1946年にアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島に最大 17mの津波を起こし 170人以上が死亡したアリューシャン列島の地震が有名。原因としては,ゆっくりとした断層運動(→低周波地震),海底火山活動,大規模な海底地すべり,海底軟弱地層での大きな垂直変位などが考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海の事典「津波地震」の解説

津波地震

津波の規模は、震源の深さが80kmより浅い時は、その深さによらず、地震のマグニチュードとの間に良い相関を示す。しかし、例外的にマグニチュードが比 較的小さい地震が大きな津波を起こす地震があり、津波地震と呼ばれる。明治三陸津波がその典型的な例である。津波地震では、断層の立ち上がり時間が長く、 津波は有効に起こすが、相対的に地震波動として放出されるエネルギーが小さいことによる。ぬるぬる地震とも呼ばれる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

知恵蔵「津波地震」の解説

津波地震

震度や短周期地震波の振幅から推定される規模の割に、著しく大きい津波を伴う地震。有名な津波地震は1896年の三陸沖地震。揺れは弱かったが、大津波で約2万2000人が死亡した。古くは、1677年の房総沖地震(津波による死者500人以上)などの例がある。多くは、海底下のプレート境界に起こる大規模な低周波地震。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android