コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石康 あかしやすし

百科事典マイペディアの解説

明石康【あかしやすし】

もと国連官僚。秋田県生れ。東大大学院終了。バージニア大大学院,フレッチャー・スクール大学院に留学し,極東情勢についての報告で注目され,日本の国連加盟の翌1957年,日本人として最初の国連職員となる。
→関連項目アナン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石康 あかし-やすし

1931- 昭和後期-平成時代の国連官僚。
昭和6年1月19日生まれ。アメリカのフレッチャー-スクールでまなび,昭和32年日本人初の国連職員となる。49年日本の外務省にはいり,のち国連大使。54年国連事務次長。平成4年UNTAC(国連カンボジア暫定行政機構)の事務総長特別代表。5年旧ユーゴスラビア問題担当の国連事務総長特別代表。10年広島平和研究所の初代所長。秋田県出身。東大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明石康
あかしやすし
(1931― )

国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC(アンタック))代表。秋田県生まれ。東京大学大学院終了後、フルブライト留学生としてアメリカのバージニア大学大学院で国際政治学を専攻。1957年(昭和32)、日本人として初めて国連事務局入り。1966年タイ・カンボジア紛争調停国連特使補佐官、1972年国連大学創立委員会事務長。1974年から日本の国連代表部参事官、公使、大使を歴任する。1979年国連広報担当事務次長、1987年軍縮担当事務次官となり、1989年(平成1)に国連軍縮京都会議を主宰した。1992年1月、UNTACの国連事務総長特別代表に任命され、同年3月からカンボジアに駐在。国連がカンボジアの軍事・行政両面を暫定的に預かるという史上初の試みを現地で指揮、1993年5月に行われたカンボジア初の自由選挙の成功を導いた。1994年1月より旧ユーゴスラビア地域担当の国連事務総長特別代表、1996年1月、東チモール担当、同年2月人道問題局長となる。国連事務次官辞任後、1999年に東京都知事選挙に出馬したが石原慎太郎に敗れた。[編集部]
『『国連から見た世界――国際社会の新秩序を求めて』(1992・サイマル出版) ▽『忍耐と希望――カンボジアの560日』(1995・朝日新聞社) ▽『平和へのかけ橋』(1996・講談社) ▽『生きることにも心せき――国際社会に生きてきたひとりの軌跡』(2001・中央公論新社) ▽『日本の領土問題』(2002・自由国民社) ▽『国際連合』第2版(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

明石康の関連キーワード自由都市・堺 平和貢献賞スリランカの和平交渉東京都議会の会派構成国連軍縮広島会議核被害者世界大会オルブライト国連大学昭和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明石康の関連情報