コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春の曲 はるのきょく

世界大百科事典 第2版の解説

はるのきょく【春の曲】

箏曲の曲名。吉沢検校作曲の古今組手事および替手は松阪春栄(まつさかはるえ)(1854‐1920)が補作。吉沢が組歌を復活させるため新しい箏組歌をめざして作曲。歌詞は《古今和歌集》春の部から6首の和歌を選んで,その配列順に従って使用。初鶯の早春から老鶯の晩春までの推移の情景が音楽的に表現されている。松阪の手事補入によって,いっそう有名となる。【久保田 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春の曲の関連キーワード吉沢検校(2代)松阪 春栄古今調子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春の曲の関連情報