コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松阪春栄 まつざかはるえ

2件 の用語解説(松阪春栄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松阪春栄
まつざかはるえ

[生]安政1 (1854). 京都
[没]1920.4.2. 京都
明治・大正期に活躍した地歌箏曲家。八重崎検校門下の 2世松崎検校(1824~71)の弟子。尾張の吉沢検校による新組歌形式の古今組『春の曲』『夏の曲』『秋の曲』『冬の曲』に手事替手を加えて華やかにし,流行させたことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松阪春栄 まつざか-はるえ

1854-1920 明治-大正時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
安政元年生まれ。京都の2代松崎検校(けんぎょう)の門人。明治28年ごろ,2代吉沢検校の古今組のうち「春の曲」以下四季4曲に手事(てごと)および替手(かえで)を補作し流行させた。また「楓の花」などを作曲した。門下に津田青寛。大正9年4月2日死去。67歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松阪春栄の言及

【春の曲】より

吉沢検校作曲の古今組。手事および替手は松阪春栄(まつさかはるえ)(1854‐1920)が補作。吉沢が組歌を復活させるため新しい箏組歌をめざして作曲。…

※「松阪春栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松阪春栄の関連キーワード稲垣長敬上原豊吉大塚専一小出とい津山(5代)鶴賀鶴吉(5代)寺島花野松島糸寿柳下孤村大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone