コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和会 しょうわかい

1件 の用語解説(昭和会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうわかい【昭和会】

立憲政友会からの離脱者が組織した衆議院の小会派。1934年7月岡田啓介内閣成立当時,政友会は同内閣の官僚中心の組閣ぶりに反発して入閣を拒絶,入閣交渉に応じた床次(とこなみ)竹二郎(逓相),山崎達之輔(農相),内田信也(鉄道相)の3名を除名,さらに35年5月には新設の内閣審議会に参加した望月圭介水野錬太郎をも除名した。床次らはこれを機に新党樹立を策し,床次の死(35年9月)で一時停滞したものの,第68議会をむかえ解散気運が高まるなかで,12月23日望月らを中心に政友会からの除名者・脱党者18名が昭和会を結成,36年1月には所属議員25名に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

昭和会の関連キーワード大岡硯海小泉三申政友会政友本党日本自由党民政党立憲国民党立憲政友会立憲民政党護憲三派

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昭和会の関連情報