コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭訓門院 しょうくんもんいん

3件 の用語解説(昭訓門院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭訓門院
しょうくんもんいん

[生]文永10(1273).京都
[没]延元1=建武3(1336).6.26. 京都
亀山天皇の後宮藤原瑛子。父は太政大臣藤原実兼,母は内大臣源通成の娘。正安3 (1301) 年亀山法皇の仙洞に入侍して,従三位,次いで准三宮となり,院号宣下を受けて昭訓門院と号した。恒明親王はその所生である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

昭訓門院 しょうくんもんいん

1273-1336 鎌倉時代,亀山上皇の妃。
文永10年生まれ。父は西園寺実兼,母は源通成の娘顕子。正安(しょうあん)3年亀山上皇の後宮にはいり,院号をあたえられる。乾元(けんげん)2年恒明(つねあき)親王を生む。建武(けんむ)3=延元元年6月26日死去。64歳。名は藤原瑛子(えいし)。法名は真性覚。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

昭訓門院

没年:建武3/延元1.6.26(1336.8.3)
生年:文永10(1273)
鎌倉後期の女院。亀山法皇の妃。太政大臣西園寺実兼の次女で,名は瑛子。正安3(1301)年1月,29歳で亀山の後宮に入り,3月従三位,次いで院号宣下。嘉元1(1303)年恒明親王を生む。同3年,亀山の死により出家。兄公衡と共に恒明を後見した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昭訓門院の関連キーワード持明院統大覚寺統文応亀山上皇五条院近衛局信堅新陽明門院資子藤原宗氏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone