時間芸術(読み)ジカンゲイジュツ

精選版 日本国語大辞典の解説

じかん‐げいじゅつ【時間芸術】

〘名〙 芸術分野のうち、その形式や作品が、純粋に時間的に運動・推移し、発展することによって秩序づけられ、人間の感覚にうったえるものの総称。音楽、文芸など。⇔空間芸術
※百万人の映画知識(1950)一・監督の意図はどうしたら発揮できるか〈山本嘉次郎〉「空間的な芸術であると同時に時間芸術であること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の時間芸術の言及

【芸術】より

…それだけに統一的な説明をもとめて,古来諸芸術の体系的な分類もくり返されてきた。感覚を分類原理として〈視覚芸術〉と〈聴覚芸術〉に分けたり,類型学の立場から〈自由芸術〉と〈応用芸術〉,〈空間芸術〉と〈時間芸術〉,〈事物的芸術〉と〈非事物的芸術〉に分けるなどである。だが数々の理由から当然とはいえ,決定的な分類が立って芸術理解を指導するわけではない。…

※「時間芸術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android