コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普洱茶 プーアールチャ

4件 の用語解説(普洱茶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プーアール‐ちゃ【普洱茶】

《「プーアール」は中国語》⇒プーアル茶

プーアル‐ちゃ【普洱茶】

《「プーアル」は中国語》中国雲南省に産する茶。緑茶にコウジカビを繁殖させて製したもの。普洱はかつての集散地。プーアール茶。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

プーアルちゃ【普洱茶 (中国)】


中国南西部の雲南省普洱市を主産地とする黒茶(ヘイチャー)。淹れた茶の水色(すいしょく)は暗褐色で、微生物発酵による独特の香りをもつ。◇脂肪分の分解・排出促進作用があるとされ、日本へは美容・健康によい茶として紹介された。黒茶が一般に普及しているが、産地では緑茶(リューチャー)を緊圧茶にしたものもあり、黒茶を「熟茶」、緊圧茶を「生茶」といって、どちらも熟成を経た年代物が珍重される。

プーアールちゃ【普洱茶】


プーアル茶。⇒プーアル茶

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の普洱茶の言及

【中国茶】より

… 黒茶は,緑茶の要素をもつ発酵茶というべきもので,黒褐色または茶褐色をしている。緑茶にコウジカビAspergillusを繁殖させたもので,雲南特産の普洱茶や広西チワン(壮)族自治区の六堡茶が代表的なものである。そのコウジカビが体内の脂肪分を分解し老廃物を一掃するとして,最近人気が高まっている。…

【プーラン族(布朗族)】より

…また,茶,綿花なども栽培している。とくに茶は普洱(ふじ)茶として名をなし出荷される。住居は竹を材料にした干欄式(高床式)建築である。…

※「普洱茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普洱茶の関連キーワード秋田杉雲南省海南ワ族賀茂茄子博愛主産地クルム雲南[省]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone