コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普洱茶 プーアールチャ

デジタル大辞泉の解説

プーアール‐ちゃ【普洱茶】

《「プーアール」は中国語》⇒プーアル茶

プーアル‐ちゃ【普洱茶】

《「プーアル」は中国語》中国雲南省に産する茶。緑茶にコウジカビを繁殖させて製したもの。普洱はかつての集散地。プーアール茶。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

飲み物がわかる辞典の解説

プーアルちゃ【普洱茶 (中国)】


中国南西部の雲南省普洱市を主産地とする黒茶(ヘイチャー)。淹れた茶の水色(すいしょく)は暗褐色で、微生物発酵による独特の香りをもつ。◇脂肪分の分解・排出促進作用があるとされ、日本へは美容・健康によい茶として紹介された。黒茶が一般に普及しているが、産地では緑茶(リューチャー)を緊圧茶にしたものもあり、黒茶を「熟茶」、緊圧茶を「生茶」といって、どちらも熟成を経た年代物が珍重される。

プーアールちゃ【普洱茶】


プーアル茶。⇒プーアル茶

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の普洱茶の言及

【中国茶】より

… 黒茶は,緑茶の要素をもつ発酵茶というべきもので,黒褐色または茶褐色をしている。緑茶にコウジカビAspergillusを繁殖させたもので,雲南特産の普洱茶や広西チワン(壮)族自治区の六堡茶が代表的なものである。そのコウジカビが体内の脂肪分を分解し老廃物を一掃するとして,最近人気が高まっている。…

【プーラン族(布朗族)】より

…また,茶,綿花なども栽培している。とくに茶は普洱(ふじ)茶として名をなし出荷される。住居は竹を材料にした干欄式(高床式)建築である。…

※「普洱茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普洱茶の関連キーワードシーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州スーマオ(思茅)地区ユンナン(雲南)省チンホン(景洪)県チノー族(基諾族)暗褐色中国茶

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普洱茶の関連情報