コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普遍学 ふへんがくmathesis universalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普遍学
ふへんがく
mathesis universalis

近世初頭の西欧に流布した学問理念。普遍数学ともいう。これに着想を得たデカルトは学問対象の個別性に左右されず,諸学に等しく有効性をもつ「秩序と数量関係の学」の樹立を志し,やがてそれを方法の規則として結実させた。複雑なものを単純なものに還元するその考えはライプニッツの根本的構想でもあり,彼は全人類の思想を基本要素の「結合」によって構成することを考え,「普遍記号法」とあわせて,推論一般の学としての普遍学を主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふへんがく【普遍学】

〘哲・論〙 数学にならって比較的少数の単純概念とそれらを含む公理からの演繹によって、すべての学的認識を導き出そうとするもの。現代の記号論理学に通じる。デカルトに始まるが、ライプニッツが実際に着手した。普遍数学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

普遍学の関連キーワード形而上学(アリストテレスの著述)アルス・マグナアリストテレスアーウィック記号論理学形而上学ルルス演繹公理

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android