晴(れ)間/霽れ間(読み)ハレマ

デジタル大辞泉の解説

はれ‐ま【晴(れ)間/×霽れ間】

降っていた雨や雪などが一時的にやんでいる間。「雨の―をみて出かける」
雲の切れ間などからのぞく晴れた空。「―がのぞく」
心が晴れている間。物思いがやんでいる時。
「心の闇―なく嘆きわたり」〈松風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android