油照り(読み)アブラデリ

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐でり【油照り】

風がなく、薄日がじりじりと照りつけて、じっとしていても汗のにじみ出るような天気。 夏》「大阪や埃(ほこり)の中の―/月斗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

油照り【あぶらでり】

あぶら汗がにじみ出てくるような暑さだが,空はうっすらと雲におおわれ,風はほとんどない天気。気圧配置は南高北低の夏型となっていても,すぐ近くに前線があるときに多く,湿度が大で不快指数が高い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あぶらでり【油照り】

薄曇りで風がなく、じりじりと蒸し暑い夏の天候。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油照り
あぶらでり

風が弱く、薄い雲に覆われている夏の日の、じっとしていても、脂汗がにじみ出るような暑い天気。脂照りとも書く。からりと晴れ上がって、太陽がじかに照りつける炎天とは違う暑さである。[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の油照りの言及

【日本列島】より

…一般に夏以外の季節でも,日本付近が移動性高気圧に覆われて,さらに西の朝鮮半島や黄海付近に小さな高気圧があるときは移動性高気圧は停滞して晴天が長続きする傾向がある。日本が小笠原高気圧に覆われ夏型になると,全国的に酷暑,油照り,かんかん照りの日が続くが,小笠原高気圧の周辺にあたる地方では天気が悪く大雨の降ることもある。小笠原高気圧は,おおむね10日程度のリズムで,西に張り出したり東にひっこんだりして盛衰を繰り返す。…

※「油照り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android