曙色(読み)あけぼのいろ

色名がわかる辞典の解説

あけぼのいろ【曙色】

色名の一つ。ややだいだいがかった桃色のこと。夜明けの空の色を思わせる染色の色名。東雲しののめ色もほぼ同じ色をさし、こちらは早暁の空に浮かぶ雲の色を表す。これらの染色の名は江戸時代前期から使われはじめたものだが、ほとんど同時期に西洋でもオーロラという色名が登場した。オーロラはローマ神話にでてくる女神の名で、夜明けの空を染めるピンク色を表す。また曙色に対し、日暮れどきの空を彩る夕焼け空の色はあかねという。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あけぼのいろ【曙色】

黄色を帯びた淡紅色。東雲しののめ色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あけぼの‐いろ【曙色】

〘名〙 の東の空のような色。黄色がかった淡紅色。
※葬列(1906)〈石川啄木〉「曙色(アケボノイロ)か浅緑の簡単な洋服を着て」

しょ‐しょく【曙色】

〘名〙 あけぼののけしき。明け方の空のいろ。曙景(しょけい)
※凌雲集(814)王昭君〈滋野貞主〉「行々常望長安日、曙色東方不看」 〔孫逖‐簾賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android