曲木(読み)まげき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曲木
まげき

木材を蒸したりまたは煮沸して塑性を増大させ、金型にはめてそのまま乾燥し、望みの曲線をもつ材にしたものをいう。この技術は19世紀の中ごろドイツ人のミカエル・トーネットMichael Thonet(1796―1871)によって完成された。彼はオーストリアに工場を建設し、豊富なブナ材を使って曲家具の量産体制をとった。その中心となったのは椅子(いす)であったが、曲線で構成した斬新(ざんしん)な形が世に受けて、ヨーロッパはもとより広く世界的に普及し、トーネット社の曲木椅子として有名になった。わが国に曲木の技術が入ってきたのは1907年(明治40)ころで、その後、東北、飛騨(ひだ)などで生産され今日に至っている。曲木に適する用材はヒッコリー、トネリコ、ナラ、ブナなどであるが、ブナがもっとも一般的である。曲木椅子の魅力は、しなやかな曲線で構成される美しさにあるといってよい。一見弱そうにみえるが、柔構造になっているために耐久性があり、軽くて使いやすい。また手工芸的な味わいがあるので、木肌への愛着の復活とともに見直される傾向にある。[小原二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

まがり‐き【曲木】

〘名〙 曲がっている木。
※恵慶集(985‐987頃)「態と社くりはなつめれ曲り木に這まつはるる青つつら哉」

まげ‐き【曲木】

〘名〙
① 木を曲げること。また、そのもの。
※路上(1919)〈芥川龍之介〉五「どっかり曲木(マゲキ)の椅子へ腰を下した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android