コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

更紗紙 さらさがみ

日本文化いろは事典の解説

更紗紙

更紗紙とは、インド更紗ジャワ更紗などと呼ばれる模様を型紙で染めた紙です。更紗模様は室町末期に南蛮貿易によってもたらされました。ポルトガル語sarasa(木綿布)、またはインドの地名suratに由来するなど、様々な説があります。そのエスニックで大柄な模様から、更紗紙を好む人は多いよう です。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

更紗紙
さらさがみ

更紗模様をつけた加工和紙。「さらさ」という略称のほかに、「印花紙(いんかし)」(はなおしぞめ)の別名もあり、おもに壁紙に用いられた。更紗(沙羅沙)は本来金巾(かなきん)(キャラコ)や絹布の片面に種々の模様を型染めしたもので、江戸初期にわが国に渡来したが、これと類似の染色加工をじょうぶな和紙に施したのが更紗紙である。京都、大坂が主産地で、尾崎富五郎編『諸国紙名録(しめいろく)』(明治10年)には更紗唐紙(からかみ)の名もある。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

更紗紙の関連キーワード友禅紙・総柄友禅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android