コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書留郵便 かきとめゆうびんregistration

翻訳|registration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書留郵便
かきとめゆうびん
registration

郵便における特殊取扱いの一種郵便物引受けから配達まで,その送達の全経路について記録し,その間の授受を明らかにして,確実な送達をはかる。したがって郵便物が,送達の途中において亡失あるいは棄損した場合には,損害要償額の範囲内で,実損額の賠償がなされる (一般書留) 。また 1966年7月から,別に簡易書留の制度が設けられた。これは郵便物の引受けと配達の際のみ記録し,運送の途中には記録を行わないもので,一般書留より料金は安いが,賠償は一定額までに限られる。書留の歴史は古く,明治5年1月 (1872.2.) から取扱いが始められた。さらに一般書留の一種として,現金書留の制度が 1947年 11月に設けられた。現金を送達するのに簡便であるところから,広く利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かきとめ‐ゆうびん〔‐イウビン〕【書留郵便】

書留の取り扱いをする郵便。また、その郵便物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

書留郵便の関連キーワード内容証明/配達証明引受時刻証明宅配ボックス配達証明郵便為替郵便切手はこぽす内容証明郵便法

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書留郵便の関連情報