コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小侵襲手術 サイショウシンシュウシュジュツ

デジタル大辞泉の解説

さいしょうしんしゅう‐しゅじゅつ〔サイセウシンシフ‐〕【最小侵襲手術】

皮膚や筋肉などの切開を最小限にとどめた外科手術。患者の負担が軽く、早期の回復が期待できる。MIS(Minimally Invasive Surgery)。→侵襲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最小侵襲手術
さいしょうしんしゅうしゅじゅつ
minimally invasive surgery

皮膚の切開だけでなく筋肉の切離など外科的侵襲を可能な限り抑え、患者の負担を軽くしようとする手術法。略称MIS。術中の出血が抑えられるとともに、術後の疼痛(とうつう)も軽減され、傷の修復も早まることから、リハビリテーションの開始や社会復帰を早めることができる。体への負担が少ない手術を一般に低侵襲手術とよび、皮膚を切開せずに体外から直接臓器に到達して行う内視鏡治療やカテーテル治療がその代表的なものである。
 最小侵襲手術という表現は、関節症や脊椎(せきつい)関連など整形外科領域の手術、とくに人工股(こ)関節手術や人工膝(しつ)関節手術などでよく用いられる。実際、これまでの人工股関節手術では皮膚を15~20センチメートル程度切開していたが、MISでは8~10センチメートルですむようになった。侵襲の少ない手術は、とくに体力的に劣る高齢者などにとって負担が少なく早期の術後回復も望める手術法であり、他領域でも導入が検討されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最小侵襲手術の関連情報