コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小侵襲手術 サイショウシンシュウシュジュツ

2件 の用語解説(最小侵襲手術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいしょうしんしゅう‐しゅじゅつ〔サイセウシンシフ‐〕【最小侵襲手術】

皮膚や筋肉などの切開を最小限にとどめた外科手術。患者の負担が軽く、早期の回復が期待できる。MIS(Minimally Invasive Surgery)。→侵襲

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最小侵襲手術
さいしょうしんしゅうしゅじゅつ
minimally invasive surgery

皮膚の切開だけでなく筋肉の切離など外科的侵襲を可能な限り抑え、患者の負担を軽くしようとする手術法。略称MIS。術中の出血が抑えられるとともに、術後の疼痛(とうつう)も軽減され、傷の修復も早まることから、リハビリテーションの開始や社会復帰を早めることができる。体への負担が少ない手術を一般に低侵襲手術とよび、皮膚を切開せずに体外から直接臓器に到達して行う内視鏡治療やカテーテル治療がその代表的なものである。
 最小侵襲手術という表現は、関節症や脊椎(せきつい)関連など整形外科領域の手術、とくに人工股(こ)関節手術や人工膝(しつ)関節手術などでよく用いられる。実際、これまでの人工股関節手術では皮膚を15~20センチメートル程度切開していたが、MISでは8~10センチメートルですむようになった。侵襲の少ない手術は、とくに体力的に劣る高齢者などにとって負担が少なく早期の術後回復も望める手術法であり、他領域でも導入が検討されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最小侵襲手術の関連キーワードコンティンジェンシープランフェールセーフ最小限怒張癒合最小限度事業継続計画出口戦略保湿成分最小限抑止

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone