コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最適関税 さいてきかんぜいoptimum tariff

2件 の用語解説(最適関税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最適関税
さいてきかんぜい
optimum tariff

ある国の実質所得を最も高める関税率の水準。ある国が国際価格に対して影響力を持つような大国の場合,関税の賦課はその国の輸出財の輸入財に対する相対価格 (交易条件) を高め,実質所得を高める効果があり,理論上所得が最大となる関税率が存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最適関税
さいてきかんぜい
optimum tariff

関税の基本的分析では、いかなる関税も国全体に純損失をもたらし、自由貿易ベストであることを示している。しかし、ある国がある輸入品の世界市場で大きなシェアを占め、その国際価格に影響を及ぼす、いわば「需要独占力」をもつような場合(いわゆる「大国」の場合)、その国が輸入品に関税を賦課し、輸入量を削減しようとすると、外国の供給者は販売量の減少を抑えるために価格を引き下げようとする。これは、課税国の交易条件を有利にし、自由貿易の場合よりも貿易利益を増し、経済的厚生を高める。こうした関税を最適関税という。最適関税率は、輸入量がゼロとなる禁止的高関税と関税のない自由貿易との間のどこかに決定され、それは輸入品の外国供給の弾力性の逆数に等しい。つまり、外国供給曲線の弾力性が低ければ低いほど最適関税率はそれだけ高くなり、逆に無限に弾力的であれば最適関税はゼロとなる。一国の貿易利益を最大にする国民的な最適関税は、外国が報復的に課税しないことを前提として成立するものであるが、しかしたとえ報復があってもなくても、世界全体としては純損失をもたらす。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone