コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の輪 ツキノワ

デジタル大辞泉の解説

つき‐の‐わ【月の輪】

月。特に、満月。げつりん。
満月にかたどった丸い形。また、その形のもの。わら製の釜敷(かましき)、袈裟(けさ)につける飾り物、釣り花瓶など。
ツキノワグマののどの下にある、半月形の白い毛。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

つきのわ【月の輪】

岩手の日本酒。酒名は、近くにある史跡「月の輪形」という池にちなみ命名。大吟醸酒、純米大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒などをそろえる。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦雄町吟ぎんがなど。仕込み水は地下水。蔵元の「月の酒造店」は明治19年(1886)創業。所在地は紫波郡紫波町高水寺字向畑。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

月の輪

岩手県、有限会社月の輪酒造店の製造する日本酒。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

つきのわ【月の輪】

月。特に満月。げつりん。
満月を表したまるい形。
ツキノワグマの喉の下にある半月形の白い模様。
僧侶の袈裟の胸のあたりに付ける飾りの環。
わらを円形に束ねて作った釜敷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

月の輪の関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナタスマニアデビルクズリ(屈狸)ベイリービーズベイリーの数珠美咲(町)日高 重孝マレーグマ月の輪古墳荒井 英郎鰍沢二席目サンテール荒井英郎近藤義郎もちっ娘美咲町飾り物イグサ月輪熊宵の月

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月の輪の関連情報