月輪熊(読み)ツキノワグマ

デジタル大辞泉の解説

つきのわ‐ぐま【月輪熊】

クマ科の哺乳類体毛は黒く、胸の上部に三日月形白斑がある。ヒマラヤ地方から中国・朝鮮半島・日本にかけて分布。ニホンツキノワグマはこの一亜種で、本州・四国の山地にすみ、樹洞や岩穴冬ごもりをし、この間に雌は子を産む。かつては九州にも分布していたが、現在は絶滅したものとみなされている。
[補説]九州での最後の捕獲記録は昭和32年(1957)のものとされる。平成24年(2012)に祖母山傾山山系で日本クマネットワーク(JBN)が調査を行ったが、生息の痕跡等は発見されなかった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つきのわぐま【月輪熊】

クマ科の哺乳類。黒色で前胸部に V 字形または三日月形の白斑、いわゆる月の輪がある。頭胴長1.2~1.9メートル。ヒマラヤから中国・台湾・朝鮮などに分布し、日本には亜種ニホンツキノワグマが生息する。冬は樹洞などで冬眠し、その間に雌は子を産む。くろくま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

月輪熊 (ツキノワグマ)

学名:Selenarctos thibetanus
動物。クマ科のクマ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つきのわ‐ぐま【月輪熊】

〘名〙 クマ科の哺乳類。体長一・四~一・七メートル。体は黒く、胸に普通三日月形の顕著な白斑(はくはん)がある。ヒグマより小さく、吻(ふん)は短くて細く、目がやや前方につく。森林にすみ、雑食性で、木登りがうまい。冬は樹の穴・岩穴などで冬眠し、一~二月に一~二児を産む。日本のほか、中国・朝鮮・ヒマラヤなど東アジアに分布する。日本では、本州、四国に生息、九州は絶滅したと考えられている。胆嚢は古来から熊胆(くまのい)と称し、消化・解毒剤などの薬用として珍重された。くろくま。ひまらやぐま。にほんぐま。《季・冬》
※雑俳・媒口(1703)「しろいもの月の輪熊のよだれ掛」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android