風霜(読み)ふうそう

精選版 日本国語大辞典「風霜」の解説

ふう‐そう ‥サウ【風霜】

〘名〙
① 風と
※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京〈藤原宇合〉「為期不風霜触、猶似巖心松柏」 〔後漢書‐盧植伝論〕
② 文章などのきびしく激しいこと。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一二「其音柔媚なれども言々風霜(フウサウ)を挟みて、凜たり、烈たり」 〔西京雑記〕
③ としつき。星霜
※伊呂波字類抄(鎌倉)「風霜」 〔沈佺期‐遊少林寺

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「風霜」の解説

【風霜】ふうそう(さう)

風と霜。厳しい年月。・沈期〔少林寺に遊ぶ〕詩 (がんたう)、風霜古く 深し 紺園、夕霽(せきせい)澄み 碧殿、秋陰下る

字通「風」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android