星霜(読み)せいそう

精選版 日本国語大辞典「星霜」の解説

せい‐そう ‥サウ【星霜】

〘名〙
① (古くは「せいぞう」とも。は一年に天を一周し、は毎年降るところから) 年月歳月
※性霊集‐七(835頃)葛木参軍設先考忌斎願文「星霜廻薄、祥忽戻」
※太平記(14C後)八「五百余歳の星霜(セイザウ)を経て、末世澆漓(まっせげうり)の今に至るまで」 〔柳宗元‐酬婁秀才
② 一年。
※霊的見神の意義及方法(1907)〈綱島梁川〉「それより今日に至るまで、凡そ二星霜余の間に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「星霜」の解説

【星霜】せいそう(さう)

歳月。唐・杜甫〔秋日南述懐三十韻〕詩 星霜、玄鳥往来)變じ 身世、白駒(はくく)(日月の過ぎやすいこと)催す 伏枕超忽(てうこつ)(諦念)に因り 來に任す

字通「星」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android