コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月耕道稔 げっこう どうにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月耕道稔 げっこう-どうにん

1628-1701 江戸時代前期の僧。
寛永5年9月1日生まれ。臨済(りんざい)宗の雲居希膺(うんご-きよう)に師事し,京都妙心寺の首座(しゅそ),ついで陸奥(むつ)宮城郡永安寺の住持。延宝5年山城(京都府)万福寺にはいって黄檗(おうばく)宗に転じ,木庵性瑫(もくあん-しょうとう)の法をつぐ。仙台藩主伊達綱村の帰依(きえ)があつく,元禄(げんろく)9年万寿寺の開山(かいさん)となった。元禄14年1月1日死去。74歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は太田。法名ははじめ宗親。号は亀毛子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

月耕道稔の関連キーワードロドリゲス井上正就バッキンガム(公)菅原玄同リバルタ忠也派一刀流ベルニーニ徳川光圀孕石元政徳川光圀

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone