コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有島農場 ありしまのうじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有島農場
ありしまのうじょう

北海道後志(しりべし)総合振興局管内のニセコ町(旧狩太(かりぶと)村)に白樺(しらかば)派の有島武郎(たけお)が所有していた農場で、有島の農場解放で有名。面積約450ヘクタール、小作約70戸であった。1897年(明治30)父武(たけし)が「北海道国有未開地処分法」により100万坪(約330ヘクタール)の貸し下げを受けたがいったん返却。1899年、女婿山本直良(なおよし)名義で再出願、約90万8000坪の貸し下げを受け、小作人を募集して開墾した。1908年(明治41)武郎に名義変更、翌1909年国有未開地の開墾成功の検査である成耕検査に合格(第一農場)。さらに1914年(大正3)と1916年に約94町歩(約93ヘクタール)を買収(第二農場)した。有島は、小作人の悲惨な生活、クロポトキンの影響などによって、早くから農場解放を考えていたといわれるが、1922年7月、農場を小作人の共有という形で解放、旧小作人は「有限責任狩太共生農団信用利用組合」を組織して農場を運営した。1949年(昭和24)の農地解放により、農場は個人の私有地となった。現地には1924年(大正13)建立の「農場解放記念碑」、1978年建設の「有島記念館」がある。[船津 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有島農場の言及

【コミューン】より

…障害者施設,大倭安宿苑(おおやまとあすかえん)を併設。 狩太共生農団(かりぶときようせいのうだん)作家の有島武郎は父の武から相続した北海道虻田郡狩太村(現,ニセコ町)の有島農場(農地約450町歩)を,〈私有財産の否認〉の考えから1922年7月18日に農場小作人全員に無償譲渡した。ただし,再び資本家の手に渡るのを防止するために,産業組合とすることを条件とした。…

【ニセコ[町]】より

…1897年の国有未開地処分法の施行後,官僚,軍人,実業家などの農場が相ついで出現して,尻別川の両岸は不在地主の多い畑作小作地帯となった。大農場の一つ有島農場を継いだ作家有島武郎は1922年に農場を無償で開放し,没後に農民組織である狩太共生農団が生まれ,第2次大戦後の農地改革まで続いた。主産業は畑作中心の農業で,ジャガイモを主にトウモロコシ,豆類などを産する。…

※「有島農場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

有島農場の関連キーワードニセコ(町)カインの末裔