コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有楽流 ウラクリュウ

世界大百科事典 第2版の解説

うらくりゅう【有楽流】

織田信長の弟有楽(織田有楽斎)を流祖とする茶道の流派の一つ。利休七哲として,また台子(だいす)七人衆に次ぐ数寄大名として利休流の茶を伝授された有楽が,次男の雲生寺道八(織田頼長。1582‐1620)にその台子の茶法をさずけて一流を形成した。道八の子三五郎(織田長好。?‐1651)は,信長の孫である織田貞置(1617‐1704)にその茶風を伝えた。貞置はよく有楽流の茶を守り,貞置流という一派をおこしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うらくりゅう【有楽流】

茶道流派の一。利休七哲の一人、織田有楽斎(長益)を祖とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有楽流
うらくりゅう

織田有楽を流祖とする茶道の流派の一つ。千利休(せんのりきゅう)の門弟として茶法の伝授を受けた有楽は、それを次男の頼長(よりなが)(1582―1620)に伝えた。頼長は1614年(慶長19)の大坂冬の陣に、有楽より徳川方につくように勧められたが従わず、河内(かわち)に隠棲(いんせい)して雲生寺道八(どうはち)と号した。その後京都に出て東山の円山に「左阿弥(さあみ)」を建てて移り住んだという。さらに息子の三五郎(さんごろう)(?―1651)は、父祖以来の名物茶器を愛好し、『織田三五郎遺品分配目録』を遺書として残した。その後、有楽の茶法は三五郎より信長の孫織田貞置(さだおき)(1617―1704)に伝授されたため、貞置流とも称されるようになった。貞置は徳川将軍家に伝えて1000石を知行し、松本見休(けんきゅう)らの門弟を育てたが、貞置流としてはその後衰微した。有楽流は現在、織田長繁(ながしげ)家元を中心にして関東方面に存続している。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有楽流の言及

【織田有楽斎】より

…大坂夏の陣の前に大坂城を退去,その後京都建仁寺に隠棲して茶の湯に親しむ。千利休門下として秀吉の茶会にもしばしば出席,利休なきあと茶の宗匠と称されるなど当代一流の茶人で,有楽流を開いた。【久留島 典子】。…

※「有楽流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

有楽流の関連キーワード平尾数也(初代)山田太郎左衛門土肥二三中村道太浅井草春土岐二三梶正峰

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android