コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田有楽 おだ うらく

デジタル大辞泉の解説

おだ‐うらく【織田有楽】

[1547~1622]安土桃山・江戸初期の武将。信秀の子。信長の弟。名は長益。兄の死後、一時は豊臣秀吉と対立したが、のち秀吉に仕え、大坂夏の陣の直前、京都に隠棲して風流を友とした。利休高弟七人の一。有楽流の祖とされる。織田有楽斎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

織田有楽
おだうらく
(1547―1621)

安土(あづち)桃山時代から江戸初期にかけて活躍した武将、茶人。織田信長の弟。通称源五郎、名は長益(ながます)、有楽は号。本能寺の変には二条御所にいて襲撃されたが、難を逃れている。その後、甥(おい)信雄(のぶかつ)とともに豊臣(とよとみ)秀吉に対抗するが、和解してこれに臣従、剃髪(ていはつ)して有楽と号し、秀吉の御伽衆(おとぎしゅう)を勤めている。秀吉の没後は徳川家康につき、関ヶ原の戦いの戦功により、大和(やまと)山辺(やまのべ)郡に3万石の知行地(ちぎょうち)を与えられたが、その後、大坂城に入り、淀君(よどぎみ)の叔父として淀君・秀頼(ひでより)母子を補佐している。大坂冬の陣後も家康との和解にあたったが、主戦派が大勢を占めるに及び、1615年(元和1)夏の陣を前にして城を去り、京都二条、ついで東山建仁寺(けんにんじ)の塔頭(たっちゅう)正伝院(現正伝永源院)を再興してこれに隠棲(いんせい)した。千利休(せんのりきゅう)も一目置く茶人で、いわゆる利休七哲の一人に加えられることもあるが、むしろ別格の存在であった。利休を越えて村田珠光(じゅこう)や武野紹鴎(たけのじょうおう)に心を寄せ、その遺跡を整備している。現在愛知県犬山城下の有楽苑(えん)にある茶室如庵(じょあん)(国宝)は、もと有楽が正伝院内につくった茶室で、その名はキリシタン受洗名ジョアンJooに由来する。なお、江戸の屋敷地にちなみ、有楽(ゆうらく)町や数寄屋(すきや)橋の名が残る。[村井康彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

織田有楽の関連キーワード東京都千代田区有楽町犬山(市)有楽来国光織田長孝谷川延林数寄屋橋織田頼長松平忠重織田貞置織田信長大野治長利休七哲今井宗薫武野宗瓦前田検校織田尚長高島玄旦織田長益織田長政織田道八

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android