コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月小太郎 もちづき こたろう

2件 の用語解説(望月小太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月小太郎 もちづき-こたろう

1866*-1927 明治-大正時代の政治家。
慶応元年11月15日生まれ。イギリス政治経済学,法学をまなぶ。明治35年衆議院議員(当選7回),大正12年憲政会総務。日本事情の対外紹介のため英文通信社を創立,「日刊英文通信」「英文日本財政経済月報」を発行した。昭和2年5月19日死去。63歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。慶応義塾卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

望月小太郎

没年:昭和2.5.19(1927)
生年:慶応1.11.15(1866.1.1)
明治大正期の政党政治家,民間外交家。甲斐国(山梨県)身延に庄屋の子として生まれるが,維新後,家は零落。彼は山梨師範学校から慶応義塾に入学,中井弘の紹介で首相山県有朋と知り合い,山県の推薦で英国留学し政治経済学で学位を取得。帰国後は衆院議員に当選して尾崎行雄と行動を共にし議会で外交問題に多く発言する一方で,日本で英文通信社を設立,英字紙『日本財政経済月報』を発行する。第2次大隈内閣(1914)では山県や井上馨 ら元老と尾崎行雄の仲介役となる。民間にあったが強い愛国心を持ち,対外問題に関する民間世論形成にかなりの影響力を持っていた。<著作>『世界に於ける明治天皇』『日米必戦論』(共に翻訳)<参考文献>望月清矣『鶯渓遺稿』,山本四郎編『第二次大隈内閣関係史料』

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

望月小太郎の関連キーワード関直彦政党政治大正デモクラシー民間外交外交家草の根外交島田俊雄永江純一前田房之助川人貞史

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone