コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝熊ヶ岳 あさまがたけ

2件 の用語解説(朝熊ヶ岳の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕朝熊ヶ岳(あさまがたけ)


三重県東部、志摩(しま)半島基部にある山。標高555m。山頂の金剛証(こんごうしょう)寺は空海(くうかい)ゆかりの古刹(こさつ)で、かつては伊勢(いせ)神宮の奥院として信仰を集めた。東西に延びる尾根筋をぬって伊勢志摩スカイラインが通る。伊勢志摩国立公園に含まれる。伊勢湾から志摩半島一帯の展望がよい。朝熊山とも。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝熊ヶ岳
あさまがたけ

三重県伊勢(いせ)市の東部、鳥羽(とば)市との境近くにある秩父中・古生層からなる山。朝熊山ともいう。北峰と南峰があり、北峰は標高555メートルで高くはないが、志摩半島の最高峰。山頂からは鳥羽湾をはじめ伊勢湾の対岸まで望むことができる。伊勢志摩スカイラインが通じ、東海十八州を一望に収めるという十八州展望台などもあって、伊勢志摩国立公園内の名所の一つとなっている。南峰に弘法(こうぼう)大師の中興になるという朝熊山金剛證寺(こんごうしょうじ)があり、境内に朝熊山経塚群がある。地名のおこりは、弘法大師が修行中、朝に熊(くま)が、夕に虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)が現れたことによると伝えられる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朝熊ヶ岳の言及

【朝熊山】より

…朝熊ヶ岳ともいう。三重県伊勢市の東端にあり,志摩半島の最高峰。…

※「朝熊ヶ岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝熊ヶ岳の関連情報