コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芬皇寺 ふんこうじPunhwang-sa

4件 の用語解説(芬皇寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芬皇寺
ふんこうじ
Punhwang-sa

韓国,慶尚北道慶州市九黄洞にある寺院。新羅善徳女王3 (634) 年の創建。当時のものとしては,石造幢竿 (とうかん) 支柱と安山岩で中国の 塼塔に模して造られた多層塔の下3層だけが現存する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

芬皇寺【ふんこうじ】

韓国,慶尚北道慶州にある曹渓宗の寺。634年新羅(しらぎ)善徳女王のときの創建。元暁(がんぎょう)が《華厳経疏(けごんきょうしょ)》を編纂(へんさん)した所と伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふんこうじ【芬皇寺 Punhwang‐sa】

韓国,慶尚北道慶州郡内東面にある曹渓宗の寺。634年(新羅善徳女王3)に創建され,当時の名僧慈蔵元暁等の住刹(じゆうさつ)として名高い。創建時の石塔が残るほか,礎石,石灯台座,碑台座が散在するのみで,創建伽藍の配置は不明である。石塔は安山岩を塼(せん)の形に切って積み上げた3層擬塼塔で,基壇四隅に石の獅子を据え,初層四面に龕(厨子)を設けて四方仏を安置し,入口両脇に仁王像を置く。植民地時代には第2・第3層間の石函中から金・銀製の多くの納蔵品が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芬皇寺
ふんこうじ / プンファンサ

朝鮮、新羅(しらぎ)の古都慶州のすぐ東郊にある仏教寺院。634年の創建と伝えられ、石造りのみごとな塔などが残っており、古新羅時代のきわめて貴重な建築である。安山岩を煉瓦(れんが)ほどの大きさに切って積み上げてあり、中国の(せんとう)の影響を思わせる。方形で、四方に入口があり、各入口の左右に雄健な金剛(こんごう)力士の高浮彫りが控えている。当初は九層であったというが、現在は三層だけが残っている。石の持ち送りによる軒が張り出しており、上層へいくほど順次細くなって、堂々とした安定感を示している。基壇の四隅には力強い獅子(しし)の石彫がある。[紅山雪夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の芬皇寺の言及

【舎利容器】より

…朝鮮半島では中国の方式が忠実に行われており,とくに新羅の事例がいくつか明らかになっている。慶州芬皇寺例は,石塔軸部に石製の箱をおき,ガラス瓶と多くの荘厳具を入れていた。同じく慶州皇福寺例は,舎利4粒を納めたガラス容器が金小箱,銀小箱,金銅箱の順に入れられており,外箱に唐の神竜2年(706)の銘をもっていた。…

※「芬皇寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone