木内錠子(読み)きうち ていこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内錠子 きうち-ていこ

1887-1919 明治-大正時代の小説家。
明治20年7月31日生まれ。40年実業之日本社にはいる。幸田露伴師事。43年「ホトトギス」に「をんな」を発表したが,発売禁止となる。44年平塚らいてうらと「青鞜(せいとう)」の発起人となる。大正8年9月11日死去。33歳。東京出身。日本女子大卒。名はてい,てい子,錠ともいう。筆名は一宮滝子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android