コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木内錠子 きうち ていこ

1件 の用語解説(木内錠子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内錠子 きうち-ていこ

1887-1919 明治-大正時代の小説家。
明治20年7月31日生まれ。40年実業之日本社にはいる。幸田露伴に師事。43年「ホトトギス」に「をんな」を発表したが,発売禁止となる。44年平塚らいてうらと「青鞜(せいとう)」の発起人となる。大正8年9月11日死去。33歳。東京出身。日本女子大卒。名はてい,てい子,錠ともいう。筆名は一宮滝子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木内錠子の関連キーワード石英岩雑誌東京芸術大学120周年総合雑誌リードドイツ映画サイモン委員会カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone