コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾峠 きそとうげ

1件 の用語解説(木曾峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾峠
きそとうげ

大平 (おおだいら) 峠ともいう。長野県南部,木曾山脈南部を横断する大平街道の峠。飯田市と南木曽町の境にある。標高 1358m。交通路としてはほとんど用いられなくなったが,飛騨山脈南部や赤石山脈の眺望がよく,東方は大平高原と呼ばれてキャンプハイキング地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木曾峠の言及

【木曾山脈】より

… 木曾山脈は古くから木曾谷と伊那谷の東西交通の障壁となってきた。古代の峠道として利用された神坂(みさか)峠(1595m)付近の地下を,恵那山トンネル(中央自動車道)が通過し,また清内路峠(1192m)を国道256号線が通過して便利になったところもあるが,大平峠(木曾峠,1358m)や上伊那郡の牛首峠(1072m)などの交通路は不完全である。木曾谷におけるかつての中山道や現在の中央本線(西線),国道19号線,伊那谷におけるかつての三州街道や現在の飯田線,国道153号線などは,いずれも木曾山脈の一般走向に並走している。…

※「木曾峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木曾峠の関連キーワード大平大平山荘岩手県釜石市大平町山形県米沢市大平福島県郡山市大平町新潟県三条市大平新潟県柏崎市大平新潟県村上市北大平静岡県伊豆市大平大平峠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone