コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平峠 おおだいらとうげ

2件 の用語解説(大平峠の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕大平峠(おおだいらとうげ)


長野県南西部、木曽(きそ)山脈(中央アルプス)の南部にある峠。木曽谷と伊那盆地(いなぼんち)を結ぶ。標高約1350m。木曽峠とも。江戸時代初期から飯田(いいだ)地方と木曽谷南部を結ぶ交通路をなした。現在、県道が直下を小トンネルで抜ける。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大平峠
おおだいらとうげ

長野県南西部、木曽(きそ)山脈の南部を東西に横断する峠。木曽峠ともいう。標高1358メートル。飯田(いいだ)市と木曽谷南部の南木曽(なぎそ)町妻籠(つまご)を結ぶ通称大平街道の峠で、近世初期以来、中山道(なかせんどう)の宿場(しゅくば)妻籠で荷を積み換え木曽山脈を横断した物資の輸送路で、多くの物資運送の馬が通り、中央本線や飯田線が開通したのちも盛んに利用された。1919年(大正8)には定期バスも運行されたほどである。しかし、昭和40年代初めからは急速に交通量が少なくなり、バス運行が廃止されただけでなく、峠の東にある大平街道の宿駅であった大平集落28戸も1970年(昭和45)には全戸離村し廃村になった。近年大平集落の保存運動がおきている。街道には茶屋がいまなおあり、峠からの眺めはよく、道標も残されている。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大平峠の言及

【木曾山脈】より

… 木曾山脈は古くから木曾谷と伊那谷の東西交通の障壁となってきた。古代の峠道として利用された神坂(みさか)峠(1595m)付近の地下を,恵那山トンネル(中央自動車道)が通過し,また清内路峠(1192m)を国道256号線が通過して便利になったところもあるが,大平峠(木曾峠,1358m)や上伊那郡の牛首峠(1072m)などの交通路は不完全である。木曾谷におけるかつての中山道や現在の中央本線(西線),国道19号線,伊那谷におけるかつての三州街道や現在の飯田線,国道153号線などは,いずれも木曾山脈の一般走向に並走している。…

※「大平峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大平峠の関連キーワード木曽川木曽福島駒ヶ岳寝覚の床木曽木曽山脈木曽谷木曽節木曽ならかわ木曽馬 (Kiso)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone