木積(読み)こづみ(英語表記)cogs; crib chock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木積
こづみ
cogs; crib chock

天盤を支えるために多数の坑木井桁状に積上げた一種の支保。井桁の中に廃石を詰めたものを実木積 (みこづみ) ,何も詰めないものを空木積 (からこづみ) という。主として炭鉱で用いられる。空木積は坑木支保,帯状充填などの切羽において,切羽の背後あるいは充填間に施して切羽の安全を保ちつつ,切羽面の進行とともに送り進めるのが普通である。実木積は主として,採炭跡における坑道の側壁を固めるために用いられる。廃石を詰めるのは盤圧に耐え,採掘跡への漏風を少くするためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐づみ【木積】

〘名〙 炭坑で、採炭した坑道の天井岩を支えるために材木を井桁(いげた)に積むこと。また、その井桁。

き‐つもり【木積】

〘名〙 工事に用いる木材の寸法や数量などを見積もること。〔日本建築辞彙(1906)〕

こ‐つみ【木積】

〘名〙 木のくず。岸辺にうち寄せられた木くず。ごみ。こつ。
※万葉(8C後)二〇・四三九六「堀江よりあさ潮満ちに寄る許都美(コツミ)貝にありせばつとにせましを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の木積の言及

【坑内支保】より

…坑内の崩壊を防ぐことを保坑といい,保坑の目的で設けられる施設を坑内支保あるいは坑内支柱と称する。その種類は多いが,使用材料からみると木枠,鉄枠,コンクリートを流し込むコンクリート巻,コンクリートブロックを積み上げるブロック巻などに分けられ,形からみると打柱,三つ枠,合掌枠,アーチ枠,円形枠,木積(こづみ)などに分けられる。打柱は最も簡単な支柱で,1本の柱を立てるだけで坑木か鉄柱が用いられる。…

※「木積」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木積の関連情報