木鼻(読み)きばな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築用語。貫 (ぬき) や台輪などがから突き出している部分をいう。大仏様禅宗様建築に用いる。初めは単純な繰先端につけただけであったが,次第に複雑な形となり,近世では竜頭獅子やあるいは草花などの立体的彫刻となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 建築で、中世以降、頭貫(かしらぬき)などの先端が、柱の外側に突き出るようになりその部分に彫刻などをほどこしたもの。その形によって、象鼻、獏鼻(ばくばな)、拳鼻(こぶしばな)などと呼ばれる。〔日本建築辞彙(1906)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の木鼻の言及

【社寺建築構造】より


[絵様,繰形]
 部材の輪郭を装飾的な意味で曲線状につくったものを繰形といい,表面に彫ったり描いたりされた文様を絵様(えよう)という。和様に用いられた装飾的曲線は蟇股,笈形,手狭(たばさみ),懸魚,格狭間,雲斗(くもと),雲肘木などであるが,大仏様と禅宗様では木鼻(きばな)(貫や梁の先端をいう),台輪の先端,実肘木(さねひじき),拳鼻(こぶしばな),垂木の先端などに絵様,繰形が用いられ,それらがしだいに動植物を表す彫刻へと進展し,桃山時代になって画期的な発展を見る。唐様寺院建築神社建築天竺様日本建築和様建築【太田 博太郎】。…

※「木鼻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木鼻の関連情報