コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末吉勘兵衛

美術人名辞典の解説

末吉勘兵衛

安土桃山・江戸前期の豪商。摂津の人。末吉藤右衛門長増の次男。西末松家の祖。名は利方、法名は道勘。豊臣秀吉に仕え、河内国丹北郡の代官となり廻船業を営む。関ヶ原の戦い後は徳川家康の庇護のもと伏見銀座を設立、強大な経済力を基盤として摂津における支配的役割を担った。慶長12年(1607)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すえよしかんべえ【末吉勘兵衛】

1526‐1607(大永6‐慶長12)
近世前期の豪商。銀座の設立者。号は道勘,名は利方,勘兵衛は通称。摂津国平野郷の豪家末吉藤右衛門長増の次子。分家して本家の東末吉家に対し西末吉家を興した。豊臣秀吉に仕えて代官となり,また廻船業を営んだが,徳川氏に対しても,家康がまだ三河国岡崎の城主であったころから,分国中出入りの自由を許されていた。関ヶ原の戦のときは徳川氏に荷担し,ついで1601年(慶長6)5月,家康の命をうけて後藤庄三郎とともに伏見に銀座を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末吉勘兵衛
すえよしかんべえ

[生]大永6(1526).摂津
[没]慶長12(1607).3.5. 山城
安土桃山時代の摂津国平野荘の豪商。名は利方。初め織田氏,次いで豊臣氏に仕えたが,慶長4 (1599) 年から徳川家康に仕え平野の年寄役をつとめた。同6年,伏見の銀座設置に伴い銀座頭役となり金銀貨幣鋳造に参画した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の末吉勘兵衛の言及

【丁銀】より

…江戸時代に入って,幕府は1601年(慶長6)慶長丁銀を鋳造した。その際,徳川家康は摂津平野庄町の豪商末吉勘兵衛を伏見に招いて,銀座設立の建議に対して許可を与え,鋳造が開始された。このとき堺の南鐐座の湯浅作兵衛常是(のちに大黒と改姓)が家康から銀吹役,銀改役の特権を与えられた。…

※「末吉勘兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone