本勝手(読み)ホンガッテ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐がって【本勝手】

床の間で、向かって左に本床、右に床脇棚があるもの。右勝手。⇔逆勝手
茶の湯で、客が主人の右手に座るかたちの茶席。また、その場合の点前(てまえ)。右勝手。⇔逆勝手
生け花で、客位が花に向かって右側にある花型。右勝手(池坊流では左勝手)。⇔逆勝手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんがって【本勝手】

床の間で、床の間に向かって右方に床脇棚があるもの。右勝手。
茶席で、亭主の座っている点前畳てまえだたみの右方に客が着座する場合をいう。右勝手。
生け花で、向かって左側を長く、右側を短くする花形。右長左短の花とも。
▽⇔ 逆勝手

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐がって【本勝手】

〘名〙
① 座敷の床の間で、向かって右に棚のあるもの。⇔逆勝手
② 茶道で、亭主のすわる点前畳の右の方に客が着座するかたち右勝手。⇔逆勝手
江岑夏書(1662‐63)寛文三年七月二三日「左勝手・右勝手の事、常のいろりは本勝手に而候」
生け花で、向かって右側に天地の枝が出ている花型。左側が陽、右側が陰の花型。右勝手(池坊では左勝手)。⇔逆勝手

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本勝手の関連情報