コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本場黄八丈 ほんばきはちじょう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

本場黄八丈[染織]
ほんばきはちじょう

関東地方、東京都の地域ブランド。
東京都八丈町で製作されている。八丈島で自生する草木を原料とする天然染料を使用した絹織物。黄・樺・黒の三色が主体。八丈固有の風土のなかから生まれた染めと織りが特徴。竪縞格子縞などの織物は、手織りでつくられる。東京都伝統工芸品。1977(昭和52)年10月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

本場黄八丈

東京都、伊豆諸島の八丈島で生産される伝統的な絹織物。島に自生する植物の煮汁で染めた黄・樺(茶色)・黒の三色の糸を、縞や格子の模様に織り上げる。製造の歴史は江戸時代に遡り、島名の由来でもある。国指定伝統的工芸品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

本場黄八丈の関連キーワード東京都八丈町関東地方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android