本庄[市](読み)ほんじょう

  • 本庄

百科事典マイペディアの解説

埼玉県北西部の市。1954年市制。北部は利根川南岸の沖積低地中部は神流(かんな)川により堆積した扇状地台地南部秩父山地北麓の丘陵地を占める。中心市街は中世末期の城下町で,近世には中山道宿場町市場町,明治以後は集散地として栄えた。上越新幹線,高崎線,八高線,関越自動車道が通じ,南部には工業団地が造成され,電気機器,製材木工,食品,化学などの工業が行われる。住宅地化が進んでいる。2006年1月児玉郡児玉町を編入。89.69km2。8万1889人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

埼玉県北部,児玉地方の中心都市。1954年市制。人口6万0806(1995)。南部は本庄台地,北部は利根川右岸の沖積低地からなる。中央をJR高崎線,国道17号線が並行して走り,関越自動車道の本庄児玉インターもある。中世末期に本庄城があったが,江戸初期には廃城となった。その後幕府直轄地となり,中山道の宿場町として繁栄,2・7の六斎市も立った。明治以降,周辺農村の繭の集散地,生糸絹織物の生産地として栄えたが,第2次大戦中から戦後にかけて,製薬や電気機器の工場が進出し,内陸型工業地帯としても発展,近年は先端産業も立地している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android