コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉[町] こだま

2件 の用語解説(児玉[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

児玉[町]【こだま】

埼玉県北西部,児玉郡の旧町。秩父山地北麓の丘陵地を占める。中心市街は中世の鎌倉街道の宿駅で,近世は市場町として発達,八高線関越自動車道が通じる。稲作,畑作を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こだま【児玉[町]】

埼玉県北西部,児玉郡の町。人口2万0856(1995)。町域の南部は秩父山地で,北部には台地が広がる。中心集落の児玉は小山川(身馴川)の扇状地上にあり,谷口集落として起こった。江戸時代は絹,穀物などを取引する市場町として栄え,明治時代には木村九蔵(1845‐96)が競進社蚕業学校(現,児玉農工高校)を創設し,蚕業教育に尽力した。現在は野菜と酪農が行われる。付近の丘陵でとれる良質な粘土を原料に瓦の生産が行われ,児玉瓦として京浜・東北方面に出荷されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児玉[町]の関連キーワード海南習志野荒尾境港秩父羽生本庄松戸きたかわべ堀越弥三郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone