コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庄重政 ほんじょう しげまさ

3件 の用語解説(本庄重政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄重政 ほんじょう-しげまさ

1606-1676 江戸時代前期の武士,開拓者。
慶長11年生まれ。兵法,武芸に通じ,島原の乱寺沢堅高(かたたか)に属して功をたてる。承応(じょうおう)3年備後(びんご)(広島県)福山藩に長男杢をつかえさせて後見し,柳津,深津などに新田を開発。のち松永湾の干拓に着手,入浜式塩田をつくり松永塩田と名づけた。延宝4年2月15日死去。71歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。字(あざな)は憐情。通称は杢左衛門。号は露石。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本庄重政

没年:延宝4.2.15(1676.3.29)
生年:慶長11(1606)
江戸前期の兵法家,土木事業家。字は憐情,通称杢左衛門,露石と号した。父重紹は佐々成政,水野勝成に仕えた。重政は岡山の池田光政に仕えたのち浪人,承応3(1654)年長子杢を福山藩主水野氏に出仕させ,その後見人として500石を受ける。領内各地の新田開発にたずさわり,万治3(1660)年神村・柳津(福山市)沖の干拓に着手,塩浜39町余を開き,商人を招いて街を設け,寛文7(1667)年に完成し,松永と命名した。没後その恩恵を慕う住民たちにより宝暦9(1759)年に本庄神社(福山市)が創建された。現在,祭礼日は4月15日。菩提寺承天寺(同)には本庄家文書が残されている。<参考文献>村田露月編『松永町史』

(渡辺則文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本庄重政
ほんじょうしげまさ
(1606―1676)

通称杢左衛門(もくざえもん)、憐情(れんじょう)と号す。福山藩水野氏の家臣。尾張(おわり)国(愛知県)に生まれ、備後(びんご)国松永(広島県福山市)で没す。兵法に通じ、若いころ諸国を流浪、32歳のとき寺沢兵庫頭堅高(ひょうごのかみかたたか)に属して島原一揆(いっき)の鎮圧に参陣。岡山藩池田氏、赤穂(あこう)藩浅野氏に招かれたのち、1654年(承応3)福山に移り、福山藩主水野勝俊(かつとし)に、長子杢(もく)の後見として500石を与えられる。60年(万治3)より干拓普請奉行(ふしんぶぎょう)として松永湾岸村々の干拓・新涯(しんがい)造成を指揮し、高須(たかす)・柳津(やないづ)・手城(てしろ)・金見(かなみ)新涯や、松永塩田など多くの新田・塩田を築造。福山城下神島(かしま)町の承天寺(しょうてんじ)を松永に移したが、その境内に1759年(宝暦9)松永村の庄屋(しょうや)・村人らによって本庄神社が創建され、その祭神として崇(あが)められた。[土井作治]
『『福山市史』中巻(1986・福山市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本庄重政の関連キーワード岡本半助岡本宣就兵家孫武憐情有沢永貞一場平左衛門岡本実貞森山富涯柳井忠俊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone