コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間光丘 ほんま みつおか

2件 の用語解説(本間光丘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間光丘 ほんま-みつおか

1733*-1801 江戸時代中期-後期の豪商。
享保(きょうほう)17年12月25日生まれ。出羽(でわ)酒田(山形県)の本間家3代。米や特産物の商取引,鶴岡藩などへの大名貸,田地の集積により1代で巨大地主となり,本間家の基礎をつくる。鶴岡藩の御勝手御用掛をつとめて藩政に参与し,米沢藩など数藩の財政再建にもかかわった。また私財を投じて西浜に砂防林を植林。享和元年6月1日死去。70歳。通称は四郎三郎。
【格言など】公益のために財をおしむなかれ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本間光丘

没年:享和1.6.1(1801.7.11)
生年:享保17.12.25(1733.2.9)
江戸中・後期の大地主,豪商。のちの巨大地主本間家の基礎を作った第3代当主。幼名久治,友治郎,のち久四郎。通称四郎三郎。父庄五郎光寿の3男として酒田に生まれる。寛延3(1750)年,19歳から4年間,播磨国奈良屋権兵衛につき商売の修業をし,宝暦4(1754)年家督を相続。庄内農村への金貸業,上方との商取引のほか,大名貸は庄内藩,米沢藩,新庄藩などの諸藩におよび,光丘の代に田地を集積した。庄内藩家中の家計整理のため,小姓格御勝手御用掛として藩政に参画,また酒田西浜に砂防のため私財をもって植林事業を行い,この事業はその後代々受け継がれた。<参考文献>『酒田市史 改訂版』上

(横山昭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の本間光丘の言及

【出羽国】より

… 庄内藩でも1767年(明和4)財政窮乏打開のため財政改革に着手した。豪農商の本間光丘(みつおか)が登用され,まず家中の会計整理をはじめ,安永および天明年間に〈御地盤組立〉という財政再建計画をだしている。しかしこの財政整理は農村の荒廃を救うことにならなかった。…

※「本間光丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

本間光丘の関連キーワードポーランド史享和天野信景アウグスト[2世]塩尻本間光丘海量伴蒿蹊裏千家辛酉教獄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本間光丘の関連情報