コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間光丘 ほんま みつおか

2件 の用語解説(本間光丘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間光丘 ほんま-みつおか

1733*-1801 江戸時代中期-後期の豪商。
享保(きょうほう)17年12月25日生まれ。出羽(でわ)酒田(山形県)の本間家3代。米や特産物の商取引,鶴岡藩などへの大名貸,田地の集積により1代で巨大地主となり,本間家の基礎をつくる。鶴岡藩の御勝手御用掛をつとめて藩政に参与し,米沢藩など数藩の財政再建にもかかわった。また私財を投じて西浜に砂防林を植林。享和元年6月1日死去。70歳。通称は四郎三郎。
【格言など】公益のために財をおしむなかれ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本間光丘

没年:享和1.6.1(1801.7.11)
生年:享保17.12.25(1733.2.9)
江戸中・後期の大地主,豪商。のちの巨大地主本間家の基礎を作った第3代当主。幼名久治,友治郎,のち久四郎。通称四郎三郎。父庄五郎光寿の3男として酒田に生まれる。寛延3(1750)年,19歳から4年間,播磨国奈良屋権兵衛につき商売の修業をし,宝暦4(1754)年家督を相続。庄内農村への金貸業,上方との商取引のほか,大名貸は庄内藩,米沢藩,新庄藩などの諸藩におよび,光丘の代に田地を集積した。庄内藩家中の家計整理のため,小姓格御勝手御用掛として藩政に参画,また酒田西浜に砂防のため私財をもって植林事業を行い,この事業はその後代々受け継がれた。<参考文献>『酒田市史 改訂版』上

(横山昭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本間光丘の言及

【出羽国】より

… 庄内藩でも1767年(明和4)財政窮乏打開のため財政改革に着手した。豪農商の本間光丘(みつおか)が登用され,まず家中の会計整理をはじめ,安永および天明年間に〈御地盤組立〉という財政再建計画をだしている。しかしこの財政整理は農村の荒廃を救うことにならなかった。…

※「本間光丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本間光丘の関連キーワード大地巨大地震安政の大地震大地震大地に槌地維大地縛り慶長の大地震紀伊半島沖の地震大地の香り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本間光丘の関連情報