コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青地林宗 あおちりんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青地林宗
あおちりんそう

[生]安永4(1775).江戸
[没]天保4(1833).2.22.
江戸時代後期の医師,蘭学者。名は盈,字は子遠,芳滸は号。初め漢方を学び,京坂に遊学。文化1 (1804) 年頃,江戸に帰り,訳官馬場佐十郎について蘭学を学ぶ。林宗は特に究理学 (物理) に意を用い,日本最初の物理学書『格物綜凡』を著わし,そのなかの要を集めて『気海観瀾』として世に出す。文政5 (22) 年杉田立卿とともに天文台に勤め,『遭厄日本紀事』を完成。同 10 (27) 年『万国地誌』を訳す。のちに『輿地志』 65巻を著わし,その要を集め『輿地志略』として出す。天保3 (32) 年水戸藩医兼西学都講 (洋学教授) に任命される。娘5人のうち3人が蘭方医坪井信道川本幸民高野長英にとついだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あおち‐りんそう〔あをチ‐〕【青地林宗】

[1775~1833]江戸後期の蘭学者。松山藩医の子。幕府天文方訳員を経て水戸藩医となった。主著気海観瀾(きかいかんらん)」は日本最初の物理学書。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

青地林宗【あおちりんそう】

江戸後期の蘭学者,医師。名は盈(えい),号は芳滸(ほうこ)。林宗は字。父は松山藩医。蘭学を馬場佐十郎(さじゅうろう)に学び,幕府の天文台訳員となった。著書《気海観瀾(きかいかんらん)》は日本最初の物理学書といわれる。
→関連項目川本幸民

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青地林宗 あおち-りんそう

1775-1833 江戸時代後期の蘭学者,医師。
安永4年生まれ。父は伊予(いよ)松山藩侍医。漢方をおさめたのち長崎,江戸で蘭学をまなぶ。文政5年幕府天文台訳局訳官となり,杉田立卿(りゅうけい)らとゴローブニンの日記「遭厄(そうやく)日本紀事」を訳した。晩年常陸(ひたち)水戸藩の医官兼西学都講。天保(てんぽう)4年2月22日死去。59歳。名は盈。号は芳滸(ほうこ)。著作に「気海観瀾(かんらん)」,訳書に「輿地(よち)誌略」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あおちりんそう【青地林宗】

1775‐1833(安永4‐天保4)
江戸時代の蘭学者,医者。松山藩主久松侯の侍医快庵の子。名は盈,字は子遠,芳滸と号した。初め家学の漢学,漢方医学を学び,のち京坂,次いで江戸に出て,馬場佐十郎,杉田玄白に師事し,蘭学,蘭方医学を学ぶ。父の死でいったん松山に帰り家督を継いだが,再び長崎,次いで江戸に遊学し,大槻玄沢宇田川榛斎(玄真),杉田立卿,宇田川榕菴らと交わる。1822年(文政5)幕府の天文台訳員になり,多数の蘭書を訳した。訳書は,V.M.ゴロブニンの日本幽囚中の日記の蘭訳本を馬場佐十郎の後を継いで和訳した《遭厄日本紀事》をはじめ,《依百乙(イペイ)薬性論》《訶倫(ホルン)産科書》《医学集成》《公私貌爾觚(コンスブルグ)内科書》などの医薬書,《輿地(よち)誌》《輿地誌略》などの地理書,I.V.クルーゼンシュテルンの《世界航海記》の蘭訳本を和訳した《奉使日本紀行》や《居家備用》など多数にのぼる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あおちりんそう【青地林宗】

1775~1833) 江戸後期の蘭学者・医者。伊予松山藩の侍医の子。名は盈えい。医書のほか物理や地理などの自然科学書の訳述を行う。著「気海観瀾きかいかんらん」は日本で最初の物理学書。他に「格物綜凡」「輿地誌略よちしりやく」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青地林宗
あおちりんそう
(1775―1833)

江戸後期の洋学者。伊予国(愛媛県)松山の松平氏の侍医快庵の子として生まれる。名は盈(えい)、号は芳滸(ほうこ)、林宗は通称である。家業の医学を学び、さらに蘭学(らんがく)を修めた。馬場佐十郎、杉田立卿(りゅうけい)、宇田川玄真(1769―1834)、伊東玄朴(げんぼく)らと交わり、1822年(文政5)天文台訳員にあげられた。翻訳の途中で病没した馬場佐十郎の後を継いでロシアの軍艦ディアナ号艦長ゴロウニンの日記『遭厄(そうやく)日本紀事』を杉田立卿とともに完訳した(1825)。『依百乙(イペイ)薬性論』21巻、『訶倫(ホルン)産科書』3巻、『輿地誌略(よちしりゃく)』6巻、付録『地学示蒙(じもう)』2巻などを翻訳し、また『厚生新編』の訳業にも参画した。とくに物性をはじめ光、電気、気象などについて略説した『気海観瀾(きかいかんらん)』(1825)は日本最初の物理学書の刊本で、以後の物理学の移植に果たした役割は大きい。また1831年(天保2)訳語の統一のための同志会の設立を提言している。1832年水戸侯に招かれ医官兼西学都講となったが、翌天保(てんぽう)4年2月22日江戸本所(ほんじょ)で病没、浅草曹源寺に葬られた。2男5女があり、男子二人は幼くして溺死(できし)したが、長女は坪井信道、次女は伊東玄晁、三女は川本幸民に嫁した。[菊池俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青地林宗の言及

【気海観瀾】より

青地林宗(あおちりんそう)が1825年(文政8)に書き,27年に出版した日本で最初の物理的科学の刊本。桂川甫賢(1797‐1844)による序文4ページと凡例4ページ・本文80ページ・図6ページからなり,全文漢文で書かれている。…

※「青地林宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青地林宗の関連キーワード日本科学史(年表)蕃書和解御用掛気海観瀾広義日本科学史ゴローニン堀内素堂鱸半兵衛幡崎鼎地理学医書訳述

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android