コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本幽囚記 ニホンユウシュウキ

3件 の用語解説(日本幽囚記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にほんゆうしゅうき〔ニホンイウシウキ〕【日本幽囚記】

文化8年(1811)千島列島に来航したロシア帝国軍人ゴロブニンの2年3か月余にわたる日本幽閉中の手記。1巻。1816年刊。文政年間(1818~1830)に「遭厄日本紀事」、明治27年(1894)に「日本幽囚実記」と題して邦訳された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にほんゆうしゅうき【日本幽囚記】

ロシアの航海家ゴローニンの日本見聞録。1816年刊。1811年国後くなしり島で捕らえられ、二年余箱館はこだてに監禁されたときの記録。日本でも1825年「遭厄日本紀事」としてオランダ語からの重訳が紹介された。日本幽囚実記。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本幽囚記
にほんゆうしゅうき

1811年(文化8)に国後(くなしり)島で捕らえられ、北海道松前(まつまえ)で2年余にわたって拘禁生活を送ったロシア提督ゴロウニンが、ひそかにつけた日記などをもとに、その体験を記した手記。原書は、「1811、1812および1813年日本人の捕虜となったワシーリイ・ミハイロビッチ・ゴロウニンの手記」と題し、1816年ロシア海軍印刷局から官費で出版された。南千島の測量に出発してから釈放されてペテルブルグに帰るまでの体験を逐一叙述した部分と、「日本国および日本人論」とからなっている。見聞した日本の姿を正確に伝えることに努力が払われていて、卓越した日本認識に至っている。出版されるとすぐに各国語に翻訳され、当時の偏見に満ちた日本認識の是正に役だった。日本でも、オランダ語訳を手に入れた馬場佐十郎(さじゅうろう)らにより1821年(文政4)から翻訳が始まり、本編12巻、付録2巻からなる『遭厄(そうやく)日本紀事』(高橋景保(かげやす)校閲)として25年に完成している。[小林真人]
『井上満訳『日本幽囚記』全3冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本幽囚記の関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記自伝自伝文学アストリア稲村三伯燕石雑志

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone