コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李公蘊 りこううんLi Gong-yun; Ly Công-Uân

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李公蘊
りこううん
Li Gong-yun; Ly Công-Uân

[生]974
[没]1028
ベトナム,李朝の創始者 (在位 1009~28) 。ベトナム音でリイ・コン・ウアン廟号太祖バクニンの人。前黎朝に仕え,臥朝王 (龍てい) に認められて左親衛殿前指揮使となり,臥朝王が没すると擁立されて帝位についた。即位の翌年,都を華閭 (ホアル) から現ハノイの昇竜 (タンロン) に移し,税制,兵制など諸制度を整備して李朝の基礎を築いた。仏教を信仰し,多くの仏寺を創建あるいは修復した。対外的には中国の宋朝修好を重ねる一方,南隣のチャンパを攻撃した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の李公蘊の言及

【リ・コン・ウアン】より

…ベトナムのリ(李)朝の創始者(在位1009‐28)。タイト(太祖)とも呼ぶ。現在のハバック省の生れ。母ファム(范)氏と神人の間の子と伝えられる。仏寺で学問を修め,前レ(黎)朝のチュントン(中宗)に仕え,レ・ロン・ディン(黎竜鋌)の時,殿前指揮使に昇任して軍事を握った。1009年ディンの死後,みずから帝位にのぼり年号を順天とした。10年,これまでディン(丁)・前レ2朝の都であったホアル(華閭)城が狭隘であるとしてタンロン(昇竜。…

※「李公蘊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李公蘊の関連キーワード李朝(ベトナム)李朝[ベトナム]大越リ朝

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android