コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李厚洛 りこうらく

百科事典マイペディアの解説

李厚洛【りこうらく】

韓国の政治家。アメリカ陸軍式幕僚大学を卒業。朴正煕大統領の側近で,大統領秘書室長,中央情報部(KCIA)部長を務めた。1972年,密かに平壌を訪れ,金日成会談,帰国後,南北共同声明を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李厚洛
りこうらく

イ・フラク(李厚洛)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李厚洛
りこうらく / イフラク
(1924―2009)

韓国(大韓民国)の軍人、政治家。慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)蔚山(うるさん)出身。1945年軍事英語学校、1949年陸軍参謀学校卒業。1951年陸軍本部情報局次長となったのちアメリカ陸軍兵站(へいたん)学校に留学、1954年准将、兵站監となる。1961年少将で予備役に編入、5月軍事革命に参加して国家再建最高会議公報室長。1963年大統領秘書室長として朴正煕(ぼくせいき/パクチョンヒ)の有力側近となった。1970年駐日大使を経て韓国中央情報部(KCIA)部長。1972年に率先、平壌(ピョンヤン)を秘密訪問し、七・四共同声明署名者として南北対話を推進、南北調節委員会南側共同委員長となる。1973年金大中事件の責を負わされてKCIA部長を解任された。仏教曹渓(そうけい)宗全国信徒会長になっていたが、1978年第10代国会議員に当選。1980年の全斗煥(ぜんとかん/チョンドファン)政権発足後、不正蓄財等のかどで政界から追放された。[玉城 素]
『金大中先生拉致事件の真相糾明を求める市民の会編著、大畑正姫訳『金大中拉致事件の真相』(1999・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の李厚洛の言及

【朴正熙】より

…63年の選挙で民主共和党から立候補して第5代大統領に当選。革命主体勢力の金鍾泌を新設した韓国中央情報部の部長とさせたり,革命主体勢力外の李厚洛を重用して革命主体勢力を牽制させるなど,つねに権力内部の均衡をはかって有力な対抗者をあらかじめおさえこんだ。韓国を近代化させるためにアメリカの軍事援助と日本の経済援助が不可欠だとして日米との関係強化に努め,65年には国内の反対を抑えて日韓条約を締結し,同年ベトナムにも派兵した。…

※「李厚洛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李厚洛の関連キーワード金大中氏拉致(らち)事件の調査報告書公表南北対話[朝鮮]南北調節委員会イフラク金大中

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李厚洛の関連情報