コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛僧孺 ぎゅうそうじゅ Niu Seng-ru

5件 の用語解説(牛僧孺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛僧孺
ぎゅうそうじゅ
Niu Seng-ru

[生]大暦14(779)
[没]大中1(847)
中国,唐の政治家。安定 (甘粛省 涇川県) の人。字,思黯 (しあん) 。貞元 21 (805) 年進士に及第。考功員外郎,御史中丞を歴任,穆宗 (ぼくそう) に認められて長慶3 (823) 年宰相となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎゅう‐そうじゅ〔ギウ‐〕【牛僧孺】

[779~847]中国、の政治家。字(あざな)は思黯(しあん)。時の宰相の子、李徳裕と対立。新興科挙官僚と門閥貴族の対立として名高い牛李(ぎゅうり)の党争を展開。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゅうそうじゅ【牛僧孺 Niú Sēng rú】

779‐847
中国,唐代の宰相。牛李の党争の代表者。字は思黯。一名は奇章公。安定(甘粛省涇川県)の人。進士に及第したが,制挙の際に時政を糾弾し,宰相の李吉甫(758‐814)にうらまれた。穆宗(ぼくそう),敬宗の代に宰相となり,李宗閔(?‐843)らと朋党をつくり,李吉甫の子の李徳裕グループと吐蕃に対する政策などをめぐって激しく争った。これが牛李の党争といわれる。小説《周秦行紀》《幽怪録》の著者とされている。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎゅうそうじゅ【牛僧孺】

779~847) 唐中期の政治家。字あざなは思黯しあん。進士の出身。823年宰相となり、李吉甫りきつぽの子李徳裕を追放。新興科挙官僚(牛党)と門閥貴族出身者(李党)の対立であるいわゆる牛李の党争を展開。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛僧孺
ぎゅうそうじゅ
(779―847)

中国、中唐の宰相。字(あざな)は思黯(しあん)、奇章公ともよばれる。隋(ずい)の宰相牛弘の後裔(こうえい)を称し、安定(甘粛(かんしゅく)省)を本貫とする。進士に及第し、憲宗の808年(元和3)皇帝の特命による登用制挙に応じて鋭く時政を批判し、宰相李吉甫(りきつほ)に疎まれた。穆宗(ぼくそう)の長慶年間(821~824)に栄進して宰相となり、李宗閔(そうびん)と手を結んで朋党(ほうとう)(政党)を築き、李吉甫の子の李徳裕(とくゆう)一派と激しく争った。これが史上に名高い牛李の党争である。武宗の会昌(かいしょう)年間(841~846)には李徳裕の全盛時代を迎え、彼は実権を失って閑職に左遷された。卒(しゅっ)して太子太師を贈られ文貞と諡(おくりな)された。小説『周秦(しゅうしん)行紀』『幽怪録』は彼の著と伝えられる。[池田 温]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛僧孺の関連キーワード晏嬰晏殊呉起黒衣の宰相奏賀花の宰相政党代表者の変更三教論衡李徳裕牛李の党争

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone