材木奉行(読み)ザイモクブギョウ

大辞林 第三版の解説

ざいもくぶぎょう【材木奉行】

鎌倉・室町時代、幕府や寺社などで造営工事が行われるとき、臨時に任命されて材木一切の調達をつかさどった宰領人。
江戸幕府の職名の一。寺社の建築・修理の材料である材木に関する一切をつかさどった。1689年以降石奉行を兼ね、材木石奉行と称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざいもく‐ぶぎょう ‥ブギャウ【材木奉行】

〘名〙
① 中世、幕府社寺などで造営工事をおこすとき、材木調達のことをつかさどるために臨時に設けられた奉行。木屋奉行。
※快元僧都記‐天文五年(1536)一〇月一一日「材木奉行見計者、番匠衆致之」
② 江戸幕府の職名の一つ。作事奉行の下で、造営用材木の伐採・運送・買収などをつかさどる奉行。正保四年(一六四七)設置。元祿二年(一六八九)以後、石奉行を兼ね「材木石奉行」と称した。〔延宝八年江戸鑑(1680)(古事類苑・官位六〇)〕
③ 幕府の職制にならって諸藩に置かれた職名。②に準じた職務を担当したが、藩によっては山奉行、林奉行、材木役とも称した。
※尾張藩白鳥方暦代記‐元文五年(1740)「一市川甚左衛門今度木曾御材木奉行被仰付」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android