コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上天皇御記 むらかみてんのうぎょき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村上天皇御記
むらかみてんのうぎょき

『天暦御記』『村上天皇宸記』とも呼ぶ。村上天皇の日記。宇多,醍醐天皇の御記と合せて「三代御記」,また『醍醐天皇御記』とともに「二代御記」ともいわれる。もと 30巻と推定されるがほとんど散逸,『延喜天暦御記抄』に断簡1巻が伝わるだけである。政事儀式の旧例を知るのに最も重視された。 (→寛平御記 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらかみてんのうぎょき【村上天皇御記】

村上天皇の日記。《天暦御記》などともよばれる。もと30巻あったと推定されるが,現在は散逸し,わずかに《延喜天暦御記抄》の中に一部分が伝わり,また949年(天暦3)より967年(康保4)の間の逸文があるのみ。《宇多天皇御記》《醍醐天皇御記》とともに本書も,政務儀式の先例を知るうえで尊重され,《西宮記》《北山抄》などの儀式書や《小右記》などの日記にしばしば引用されている。これらの逸文を収集して《続々群書類従》《列聖全集》《増補史料大成》などに収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村上天皇御記の関連キーワード飛鳥部常則藤原安子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android