コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛平御記 かんぴょうのぎょき

2件 の用語解説(寛平御記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寛平御記
かんぴょうのぎょき

宇多天皇の在位 (887~897) 中の日記。『宇多天皇御記』『寛平聖主記』ともいい,もと原本 10巻であったが室町時代末期の兵火で焼失したらしい。朝廷の儀式に詳しく,摂政,関白をはじめ貴族の必読の書物とされていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛平御記
かんぴょうぎょき

『宇多(うだ)天皇御記』ともいう。同天皇の日記。宇多・醍醐(だいご)・村上(むらかみ)3天皇の御記をあわせて「三代御記」と総称する。1313年(正和2)当時は10巻の伝存が知られるが、現在は散逸。江戸時代後期に中津広昵(ひろちか)が逸文を集録し、和田英松(ひでまつ)が増補したものが、『続続群書類従』などに集録されているのみである。これによって、当時の公事儀式、天皇の日常の感懐、天皇と藤原氏との対立、なかでも、阿衡(あこう)の紛議の詳細を知ることができる。近衛兼経(このえかねつね)の「毎事殊勝、古事眼前に在るが如(ごと)し、臣下の得失、政道の奥旨(おうし)、詩歌の興(きょう)、大旨此(こ)の御記に在り」との評語が、彼の『岡屋(おかのや)関白記』にみえている。[林 幹彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寛平御記の関連キーワード宇多天皇御記続史愚抄藤原温子遊義門院王氏(2)慶子内親王知仁親王源貞子行中親王皇代記

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone