コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬太乙 むらせ たいいつ

美術人名辞典の解説

村瀬太乙

幕末・明治の尾張犬山藩儒・詩人・画人美濃生。名は黎、字・号共に太乙。京に出て頼山陽の門に学ぶ。のち帰郷し名古屋で私塾を開き、さらに犬山藩に儒臣として仕え藩校敬道館で教授する。書画共に飄逸非凡といわれた。明治14年(1881)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬太乙 むらせ-たいいつ

1803-1881 江戸後期-明治時代の儒者。
享和3年7月7日生まれ。村瀬藤城(とうじょう)の一族。頼山陽(らい-さんよう)にまなび,尾張(おわり)(愛知県)犬山の郷校敬道館の教授となった。奇行の逸話がおおい。明治14年7月3日死去。79歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は黎。字(あざな)は泰乙。通称は泰一編著に「幼学詩選」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村瀬太乙の関連キーワード寺西易堂明治時代深川水貫儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android