コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杓文字 シャモジ

大辞林 第三版の解説

さもじ【杓文字】

しゃもじ【杓文字】

〔杓子しやくしの文字詞。近世女性語〕
めしや汁をすくうのに用いる道具。特に、めしを盛る具。めしじゃくし。いいがい。へら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

しゃもじ【杓文字】

飯を盛ったり、汁をすくったりするのに用いる道具。特に、飯を盛りつける、先が丸く平らなへら状のもの。◇「杓子(しゃくし)」の女房ことば。古くは汁用、飯用とも「しゃくし」「しゃもじ」といったが、こんにちでは普通、飯用を「しゃもじ」という。飯用は「めしじゃくし」「宮島」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の杓文字の言及

【鍵】より

…戸,引出し,箱などに取りつけ,差しかためて,しまりとする器具を錠あるいは錠前lockといい,これを開閉する具を鍵という。一対で用いられ,一般に〈鍵をかける〉などというように両者は混同されることが多い。錠の起源は古く,現存するもののうち最古のものはニネベの宮殿址から発見された木製の錠である。今日でも雨戸などに使われている〈さる〉や閂(かんぬき)などの木製の差込み棒も,単純な形式の錠であり,この原理は西洋も東洋もかわらない。…

【しゃくし(杓子)】より

…汁,飯などをすくい,移すための具。女房詞(にようぼうことば)で〈しゃもじ(杓文字)〉という。〈しゃくし〉〈しゃもじ〉の語は汁を盛る汁しゃくしと,飯を盛る飯しゃくしの両方に用いられているが,両者は用途がちがうので形態も異なっている。…

※「杓文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

杓文字の関連キーワードしゃくし(杓子)文字詞

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杓文字の関連情報